レビュー
» 2014年06月17日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ビジネス視点で考える、現実視点のセキュリティ対策の考え方

「セキュリティは投資ではなく、コスト」という考え方に立ち、費用対効果の議論はしない方がよいのかもしれない。ビジネスの優先度からリスク許容度を設定し、どこまでやるかを決定する、ビジネス視点のセキュリティ対策を解説しよう。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 日々進化するサイバー攻撃や、他社の情報漏えい事件を目にするたびに、自社の対策に不安を感じてしまうセキュリティ担当者は少なくないだろう。しかし、現実は経営者からは低コストでの対策を求められていたり、他社がどの程度やっているのかといった課題や疑問を抱えているのではないだろうか。

 実際セキュリティへの投資の理解を得ることは難しいし、製品を導入しても十分に使いこなせていない、セキュリティベンダーと対等に会話できる人材がいない企業もある。そうした状況では、全てのセキュリティの壁を全て高くするのではなく、「影響度」と「発生確率」からリスクを評価し、対策を施すのが現実的だ。

 ではそのリスクの評価とは、具体的にどのようにすればいいのだろうか。このコンテンツでは、リスク評価の方法を解説するとともに、ビジネス視点での最新のセキュリティ対策の考え方を示す。セキュリティ対策は事業継続と同様、ビジネスの優先度からリスク許容度を設定し、どこまでやるかを考えるべきだ。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -