レビュー
» 2014年06月20日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:会計システムから紐解く、企業存続と成長のために考えるべき3つのこと

グローバル化する市場環境や国内市場の縮小に加え、事業承継など多様な問題に向き合わなければならない経営環境の中で、3年、5年先、さらには10年先を見据えた企業戦略のために今、何をすべきか? その3つの理由とは。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 変わりゆく市場動向の先を行くのか、追い付くためにひたすら走り続けるのか。企業の未来は経営者のかじ取り1つで変わってしまうといっても過言ではない。

 そうした中で、5年、10年先の企業の成長を見据え、市場の先を行く経営者が行ったこととして、クラウドERPの導入が挙げられる。なぜ会計パッケージではなく、クラウドERPが必要とされたのか、その主な理由は3点に集約される。

1. 標準会計ベースの統一化された経営基盤の構築と強化

2. 収益と顧客の可視化による経営資源の再分配

3. 導入と展開、定着のスピード化によるリソースの活用の最適化

 クラウドERPがもたらした、企業存続のための最適化の詳細をホワイトペーパーで詳しく解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ