レビュー
» 2014年06月30日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ひとり情シスのための「ITアウトソーシング」の上手な使い方

「専任スタッフが1人(もしくは兼務)」といった少人数型の情報システム部門にとって、スタッフ不足やスキル不足が招くIT活用の悪循環から抜け出すことはなかなか難しい。ITアウトソーシングサービスをうまく使ってIT運用を最適化する方法とは?

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 IT活用に課題を抱える企業では、個々の問題を解決しようとしても現状の改善が難しいのが実情だ。原因は、経営層による予算削減の指示、事業部門によるITの個別調達、情報システム部門のスタッフ不足やスキル不足といった複数の課題が悪循環を起こしていることにある。特に「専任スタッフが1人(もしくは兼務)」といった少人数型の情報システム部門では、この課題解決のハードルは一層上がってしまう。

 IT活用の悪循環から脱出するには、複数のアクションを継続して起こし、総合的に課題を解決する戦略的な改革プランが必要不可欠となる。では、前述した人材不足やスキル不足いう「人」に起因する問題を補うためにはどうすればいいだろうか。この資料では、いわゆる「ひとり情シス」企業のために、システム運用のトータルアウトソーシングサービスの使い方を紹介。現状調査・分析を行うITコンシェルジュやコスト削減効果を事前シミュレーションできるクラウドサービスなど、少人数型IT部門のために作られたサービス内容を見ていこう。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ