レビュー
» 2014年07月02日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:バックアップTCO削減事例:DRシステムの帯域幅問題を解決するには?

アルミ総合一貫メーカーの日本軽金属が100システムを超える重要システムのBCP対応のために選択したバックアップソリューションとは? システムを二重化するディザスタリカバリシステムの構築で大幅にTCO削減を実現した同社の事例を見ていこう。

[PR/ITmedia  ,TechTargetジャパン運営事務局]

 アルミ総合一貫メーカーの日本軽金属では、オープン化によりシステム導入、構築のフットワークは軽くなったが、障害対応は複雑化していた。内部統制やコンプライアンスの順守という観点から事業継続性計画(BCP)に基づいたシステム対応が必要であり、その一環としてディザスタリカバリ(DR)の仕組みを検討していた。

 障害や災害が発生した場合に、いかに迅速かつ確実にシステムをリカバリできるか。しかし販売システムや会計システムを含めて100システムを超える同社の重要システムを効率的にバックアップするには、一般的なDRシステムでは広帯域幅のネットワークも必要になる。また、別の拠点に同等の待機システムを構築したり、データをクラスタ化したりすることは、時間的、コスト的に現実的ではなかった。こうした課題を解決するために同社はディザスタリカバリソリューションの選定を開始した。

 1サーバ当たり、1時間以内でのシステムの切り替えを可能にするとともに、バックアップにかかる作業負荷の低減とTCOの削減を実現したという、同社が選んだバックアップソリューションと何だったのか。選定理由と導入効果を担当者に聞いた。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ