レビュー
» 2014年07月16日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:Xeroxが構築した強力なサーバ環境、応答所要時間を劇的に短縮できたわけ

Xeroxがベンダー数社のサーバを比較検討の結果、自社のクラウドサービス基盤として選んだサーバは何だったのか? 選定の経緯と導入効果を詳しく見ていこう。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 印刷機および複写機業界のイノベーター企業として、その名を世界中に知られるXerox(ゼロックス)。同社は自社の提供するクラウドサービスを支えるプラットフォームを探すに当たり、ベンダー数社のサーバを比較検討した。この資料では、Xeroxが選んだサーバの選定理由と導入効果を詳しく紹介しよう。

 同社が提供するクラウドベースのマネージドプリントサービスでは、世界中にある100万台の機器を監督する必要がある。その数は事実上、同社のコアシステムに対して1秒当たり数十万件のトランザクションを生成するのに匹敵するという。それに加え、顧客企業のミッションクリティカルアプリケーションも実行するクラウドサービス「Xerox Cloud Services」では、ビッグデータ分析のサポートをはじめ、膨大な量のトランザクション管理、高性能なビジネスアプリケーションの実現など、多くの課題に直面していた。

 それらの課題をまとめて解決し、管理を必要とするサーバプロファイル数を80%削減、毎回環境を再構築することなくサービスプロファイルを迅速に適用できるなど、さまざまな効果を上げているサーバとは何だったのか?

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -