ニュース
» 2014年07月16日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:本格流行の前にサクッと学びたい「DaaS」活用法

VDI(仮想デスクトップインフラ)と比較されることの多いDaaS(Desktop as a Service)。仕組みや特徴にはどのような違いがあるのか。また、DaaSの最適な活用法とは? DaaS導入の成功事例から探る。

[TechTargetジャパン運営事務局]

 VDI(仮想デスクトップインフラ)の次に来るデスクトップの在り方として注目されるDaaS(Desktop as a Service)。近年、主要なテクノロジーベンダーが、デスクトップをクラウドに移行するという考え方に将来性を抱き、続々とDaaSのサービスを提供している。

 このコンテンツではDaasの本格的な流行を前に、DaaSの活用法について考えてみたい。DaaSで解決できるユースケースにはどのようなものがあるのか。VDIでは成し得なかったDaaSならではのメリットとは。ベンダーの最新動向と併せて見ていこう。

ホワイトペーパーダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -