レビュー
» 2014年07月17日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:電子メール3つの課題 なりすまし、情報漏えい、運用コスト増大の解決方法

なりすましやスパムなどの迷惑メールの増大、宛先や添付ファイル間違いによる誤送信や情報漏えい、そしてシステム運用コストの増大。企業の電子メール運用の3大課題を解決する選択肢となり得る電子メールソリューションの全貌を紹介する。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 企業の電子メール運用には大きく3つの課題がある。1つはなりすましやスパムなどの迷惑メールの増加だ。その結果、迷惑メール削除などの対処や、ネットワーク負荷の増大など、業務効率の悪化、ひいては労働時間損失による経済的損失を引き起こしている。2つ目は、宛先間違い、添付ファイル間違いなどのメール誤送信や内部犯行などによる、情報漏えいや不正流出の脅威だ。そして3つ目はシステム運用コストの増大だ。

 この資料では、上記電子メール運用における3つの大きな課題の解決方法となり得る電子メールソリューションの導入効果を詳しく紹介する。SPF、DKIMなどの著名な送信ドメイン認証やスパムメール機能による迷惑メールの検出と削除(隔離)機能や、メールの流量制御によるDoS、DDoS攻撃対策、ブラックリスト・ホワイトリストを使った送信制御などの豊富な機能を自由に選択できるため、自社の環境に合わせて最適なメールシステムの構築が可能だ。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -