レビュー
» 2014年07月18日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:3つの視点で考える 変化するビジネス環境を生き抜くブレないITインフラ

ビジネス機会を創出するIT活用が叫ばれる中、企業戦略に応じたスピーディかつ柔軟なIT基盤が求められている。外的危機など万一を想定した備えも必要だ。クラウド、障害復旧、セキュリティの視点から、変化するビジネス環境を生き抜く強固なIT基盤構築のポイントを解説する。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 コンピュータシステムは、メインフレームの時代からサーバ/クライアントの時代を経て、ソーシャル、モバイル、アナリティクス、クラウドの世界に向かっている。このいわゆる「SMAC(Social、Mobile、Analytics、Cloud)」と呼ばれる新たな技術の波を受け、企業では今、よりスピーディかつ柔軟なITインフラの構築が求められている。

 特にクラウドに関しては、今では大企業もこぞって導入を検討している。それも、「クラウドに移行すべき」という初期の段階ではなく、「どのように?」「どの領域を?」といったより具体的な段階へと議論の的が移っている。

 障害復旧計画とセキュリティ対策も見逃せない。自然災害やサイバー攻撃など万一の事態を想定した備えが必要だ。障害発生や情報漏えいがビジネスに致命的なダメージを与えることも少なくない。いずれの場合も、適切な対策を立てることが最重要であり、IT担当者の大きな課題となっている。

 資料では、クラウド、障害復旧、セキュリティの3つの視点から、非常に複雑で目まぐるしく変わる現在のビジネス環境の中、それに対応するITインフラの在り方を紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -