レビュー
» 2014年07月23日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:IDCがユーザー企業を徹底調査、Red Hat JBoss EAPの導入効果と課題とは?

基幹業務やミッションクリティカルなアプリケーションの開発、運用管理のために、EAP技術が果たす役割とは? IT専門調査会社のIDCが事前調査と3つの組織を対象に行ったインタビューを基に、「Red Hat JBoss EAP 6」の導入効果を徹底検証。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 IT部門にとって、決して止まることの許されないミッションクリティカルなアプリケーションの開発、配備、運用の管理と自動化の推進は、悩ましい課題だ。その解決策として注目を集めているのが、エンタープライズアプリケーションプラットフォーム(EAP)の導入である。

 そんな中、多くの企業で導入され、基幹業務やミッションクリティカルなWebシステムにおいて支持を得ているレッドハットの「JBoss Enterprise Application Platform 6」(JBoss EAP 6)は、EAP市場とPaaS(Platform as a Service)市場の両方をリードする製品の1つである。JBoss EAP 6上で製品ポートフォリオ全体を標準化するというレッドハットの決定により、あらゆる規模の企業が標準化のメリットを得ることが可能になった。

 このホワイトペーパーでは、EAPの導入でユーザー企業が実感しているビジネス上のメリットを把握するために、IT専門調査会社のIDCがドイツの金融サービス企業、米国大手通信会社、北米最大の地域送電団体といった3組織を対象に行ったインタビューを基に、JBoss EAPの導入効果を徹底検証している。エンタープライズアプリケーション開発において、EAP技術が果たす役割とは?

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ