レビュー
» 2014年07月28日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:200万円以下のロードバランサを徹底比較。機能の差はどれだけある?

エントリークラスのロードバランサの新規導入/リプレースの製品選択時に押さえておきたいポイントを解説。F5ネットワークスが、BIG-IPのエントリーモデルを138万円で販売開始。低価格でも高い機能を持つ製品だ。他社製品との比較から、その機能性を紹介する。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 ロードバランサを新規導入/リプレースする際には、コスト削減できるか、使用している機能の継承が可能か、運用の手間がどれだけ改善されるか、などが製品選択のポイントになる。

 BIG-IPシリーズは、「信頼性が高いが、価格も高い」というイメージが強い。しかし、エントリーモデルの「BIG-IP 800」は138万円からと低価格で販売しており、かつ信頼性も高い。

 本資料では、「BIG-IP 800」と他社エントリー製品を、価格、運用性、柔軟性、信頼性/冗長性といった項目で徹底比較。また、BIG-IPシリーズ全体と他社製品との比較も合わせて紹介し、チェックしておきたい点を解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ