レビュー
» 2014年08月07日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:スマートデバイスに潜む情報漏えい要因を整理、業務効率とセキュリティの両立方法

スマートデバイスの業務利用が活発化する一方で、スマートデバイス標的のマルウェアの巧妙化や、膨大なデバイス管理、重要アプリの管理といった課題がIT部門を悩ませている。調査から分かったスマートデバイス活用の課題を整理するとともに、その解決策を示す。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 スマートデバイスによるワークスタイルの変革が止まらない。メールやスケジュール管理といった単純な業務だけでなく、顧客管理や在庫管理、接客マニュアルなど、あらゆる業務にスマートデバイスを活用する企業が増えてきた。しかし、そこには「故意の情報持ち出し」や「盗難・紛失」「マルウェアやフィッシングサイト」など、さまざまな脅威が潜んでいる。

 この資料では、シマンテックとZDnet Japanが実施した「モバイルデバイスのビジネス活用の現状と今後に関する意識調査」の調査結果を抜粋して紹介するとともに、スマートデバイス活用に潜む脅威を解説。スマートデバイスを本格活用するために考慮すべきポイントを「デバイス」「認証」「アプリ・コンテンツ」「マルウェア」といった4つの視点で詳しく解説し、その解決策を示す。企業のモビリティ化を加速する「セキュリティと生産性向上の両立」はどうすれば実現できるのか?

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -