レビュー
» 2014年08月08日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:巧妙化、多発化する標的型攻撃、その傾向と対策

Webサイトの改ざんによるウイルス感染や不正アクセスでの情報漏えいが増加している。多発した2008年当時の対策ではもはや防げない。最新の傾向と対策手法を解説する。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 2013年、Webサイトの改ざんによるウイルス感染や不正アクセスでの情報漏えいが多発した。Webサイトの改ざんでは2008年前後に多発した「ガンブラー攻撃」がよく知られている。これに対し、アカウント管理やアクセス制御の強化などの対策が行われたが、現在は多様化するWebアプリケーションの脆弱性が標的となっており、当時の対策では防げないケースがほとんどだ。だが、膨大な数の脆弱性に逐一対応するのは、負担が大きくコストもかさむ。

 この資料では、なぜ起きたのかという被害の整理、万が一発生した場合の対処法、課題への対策を説明。中でも、今後強化すべきセキュリティ対策とソリューションについて、詳しく解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -