ニュース
» 2014年08月08日 15時00分 UPDATE

PC特需終息で2014年の国内ICT市場はマイナス成長に IDC調査

IDC Japanの予測によると、国内ICT市場における2013年〜2018年の年間平均成長率はマイナスとなっている。

[ITmedia]

 IT専門調査会社のIDC Japanは8月8日、2014年〜2018年における国内製品別のIT市場予測を発表した。

 同調査によると、2014年の国内IT市場規模は14兆3733億円で、前年比成長率は0.1%と予測する。また国内IT市場を構成する国内ハードウェア市場、国内ITサービス市場、国内パッケージソフトウェア市場の2014年の市場規模と前年比成長率は、それぞれ6兆6144億円でマイナス2.0%、5兆872億円で1.6%、2兆6717億円で3.0%としている。

国内製品別IT市場実績と予測 2013年〜2018年(出典:IDC Japan) 国内製品別IT市場実績と予測 2013年〜2018年(出典:IDC Japan)

 国内IT市場に国内通信サービス市場を加えた国内ICT市場の2014年の市場規模は、25兆3833億円、前年比成長率はマイナス0.6%と予測している。

 2013年〜2018年の年間平均成長率の予測に関しては、国内IT市場が0.5%、国内ICT市場はマイナス0.5%。2018年の国内IT市場規模は14兆6809億円、国内ICT市場規模は24兆9038億円とする。

 こうした予測の背景について、「Windows XP」サポート終了に伴い2013年〜2014年前半を中心に拡大したPC特需が、2014年後半に向けて徐々に終息に向かい、スマートフォン市場もマイナス成長が予測されることを挙げている。

関連キーワード

IDC | ICT | 市場規模


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -