ニュース
» 2014年08月18日 12時08分 UPDATE

ビッグデータで製油所のトラブルを事前に発見、日本IBMが調査事業

設備や機器などから得られるビッグデータを解析してトラブルの予兆を検知する取り組みを進めている。

[ITmedia]

 日本IBMは8月18日、石油エネルギー技術センターが6月30日から実施している調査事業「ビッグデータ解析手法による製油所安定操業対策に関する調査」に参画したことを明らかにした。事業は2015年1月30日まで実施されている。

 同事業は資源エネルギー庁の委託で実施されているもの。同社は予防保全対応ソリューション「Predictive Asset Optimization」を使い、製油所内の設備データや履歴情報、検査データ、設置状況のデータなどについて配管腐食の解析や回転機の異常解析などを行って製油所の安定操業に影響するトラブルの予兆を検知できることを目指す。

 事業には大手石油会社2社や千代田システムテクノロジーズ、日揮プラントイノベーションも参画。近年は製油所など設備の老朽化やトラブル発生が課題となっており、製油所内のデータや過去の教訓を生かすことで、製油所の安全な操業に向けた対策実施につながると期待されている。

関連キーワード

IBM | ビッグデータ | 石油 | 予防保全


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -