レビュー
» 2014年08月19日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:Hadoop環境の性能/TCOを徹底比較! 最も導入効果があるサーバとは?

ビッグデータ分析基盤として人気の「Apache Hadoop」。そのコストパフォーマンスを最大化できる基盤として注目されている次世代型カートリッジサーバの導入効果を、CTCが従来サーバと同一環境で徹底比較した。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 クラウド基盤やビッグデータ分析に有効な分散処理システム。その構築に当たり有力な選択肢となるのが「Apache Hadoop」だ。Hadoopでは、サーバ追加によるスケールアウトによって処理性能の向上やストレージ容量の拡張が可能だ。飛躍的なデータ増加が続いているデータセンターではサーバ処理性能の向上策として注目されている。

 しかし、Hadoop採用にはデータセンターの運用コストに直結する“消費電力”と“重量”の課題がある。少ない省電力かつ限られた設置面積でいかに多くのサーバリソースを搭載できるかが、分散処理システムのコストパフォーマンスの鍵を握る。

 こうした問題の解決策として、日本ヒューレット・パッカードの次世代型カートリッジサーバ「HP Moonshot System」(Moonshot)が脚光を浴びている。本稿は、国内でいち早くMoonshotの検証に取り組んだ伊藤忠テクノソリューションズの検証結果リポート。一般的なデータセンターの条件内で、Moonshotと従来型サーバ、他の高集積サーバの「Hadoop(並列処理)時の性能検証」「データセンターで3年間運用した場合のTCO比較」を実施した。処理性能の向上と電力消費の効率化を図りたい企業の担当者にお勧めしたい資料だ。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ