レビュー
» 2014年08月20日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:社員入力率100%を実現したCRM導入──中堅企業の経営者が語るCRM導入時の工夫とは?

営業担当者が各業務フローできちんと情報を入力しなければ、CRMは宝の持ち腐れだ。CRMの導入効果を最大限得るために、創業約30年の中堅企業 クレストが実施したCRM導入時の工夫とは? 経営者が自らその工夫を明かす。(他1事例も公開)

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 創業約30年の中堅企業クレストの取締役 永井俊輔氏は、CRM5製品を比較の結果導入した「Salesforce CRM」を「魔法のランプ」と表現する。しかし、導入時に永井氏には、「社員がきちんと情報入力をするか?」「投資対効果が本当に得られるのか?」といった、少なからず懸念もあったという。得てして営業担当者は、情報入力を怠ることが少なくなく、案件獲得や見積もり、請求書発行といった各フローで情報がきちんと入力されていなければ、CRMは宝の持ち腐れであり、導入効果は激減する。こうした不安を永井氏はあるアイデアを用いて見事に解決している。

 このコンテンツは、セールスフォース・ドットコムのイベントで永井氏が登壇したセッションを公開するものだ。CRM導入の際に抱いていた「社員が情報入力を100%できるのか」という懸念を、「経理部門が皆を引っ張る」という画期的な発想で見事に解決したCRM導入の成功事例といえる。同社は果たしてどのような工夫を加えてCRMを導入したのか? 具体的な導入後の効果を交えながら、詳しく紹介している。(他1事例も公開)

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ