ニュース
» 2014年08月26日 13時10分 UPDATE

クライアント仮想化市場のシェア上位のベンダーは?

IDCはシンクライアント専用端末、ソフトウェア、ソリューションの3分野における主要ベンダーの競合状況を分析した。

[ITmedia]

 IDC Japanは8月26日、クライアント仮想化市場における主要ベンダーの競合状況に関する分析結果を発表した。シンクライアント専用端末、ソフトウェア、ソリューションについて解説している。

 シンクライアント専用端末のベンダーシェア上位5社は日本HP、日立製作所、デル、富士通、レノボで、上位3社の実績が突出しているという。産業分野別の出荷台数別シェアでは金融が21.4%、教育/自治体が19.5%、ヘルスケアが8.6%、小売が6.6%、その他(製造/情報サービス/通信など)が43.9%だった。フォームファクター別ではモバイルシンクライアントの割合が序々に増加している。

 ソフトウェアの上位5社は日本マイクロソフト、シトリックス、ヴイエムウェア、NEC、日本オラクル。マイクロソフトが50%以上のシェアを維持し、シトリックス、ヴイエムウェアを含む上位3社の優位性が今後も続くとみている。背景には製品ポートフォリオの充実度合いやクラウド関連製品の拡充、システムインテグレーターやチャネルに対する拡販施策などを挙げる。

 ソリューション(オンプレミス)のベンダーシェアは富士通、日立製作所、NEC、日本IBM、日本HPの順になった。特に上位3社は企業体力、企業規模、導入実績などから今後もある一定のシェアを確保していくと予想する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -