レビュー
» 2014年09月04日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:Linux TCO比較──標準化、無償と商用の混合、無償のみ、TCOが最も低いのは?

商用Linuxサブスクリプションを使用してLinuxサーバの大半をサポートしている企業、商用サポート付きと無償のLinuxディストリビューションが混在している企業、そしてサーバ上で主に無償のLinuxディストリビューションを使用している企業を徹底比較。TCOが最も低いのはどの企業だったか?

[PR/ITmedia, TechTargetジャパン運営事務局,ITmedia]

 取得原価(出費ゼロ)で訴求力のある無償のソリューションは、定義上最も保有コストが低いと見なすことは容易だ。しかしこれはITの人件費がゼロの場合に限る。

 事実、IDCの調査によるとOSソフトウェアのコストは、全体的な総所有コスト(TCO)分析においては比較的わずかな部分であるにすぎず、一般的にはITに関する人件費の方がTCOの計算においてははるかに重要な要因であることが示されている。従って正確なTCOを測る上では、ITの人件費とエンドユーザーの生産性で1時間当たりの価値を考慮するといったコスト試算が重要になる。

 このホワイトペーパーでは、レッドハットの商用Linuxサブスクリプションを使用してLinuxサーバの大半をサポートしている企業と、商用サポート付きと無償のLinuxディストリビューションが混在している企業、そしてサーバ上で主に無償のLinuxディストリビューションを使用している企業の比較を行っている。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -