レビュー
» 2014年09月09日 15時00分 公開

ホワイトペーパー:組織化するサイバー攻撃は「相関」で防ぐ

セキュリティ対策を実施していたのに情報漏えいを起こしてしまった。こうした事故が起こってしまう原因は、組織化によるサイバー攻撃の高度化や、セキュリティを取り巻く環境の変化が挙げられる。そうした現在に有効な、“相関”を活用したセキュリティ対策方法とは?

[PR/ITmedia, TechTargetジャパン運営事務局,ITmedia]

 HPの調査では、情報漏えいが発生してからそれが判明するまでの平均日数は243日ということが分かった。また情報漏えい事故の94%は自社以外の第三者によって発見されているという。

 現在のサイバー攻撃は組織化しているのが大きな特徴だ。かつてはたった1人のハッカーが企業にハッキングを仕掛けていたが、現在ではサイバー攻撃の分業化が進んでいる。調査専門家、侵入専門家、重要データ探索専門家、データ取得専門家といった各工程のプロが組織化して攻撃を仕掛けるため、防御は一層困難になっている。

 本コンテンツでは、「クラウド」「モバイル」「ビッグデータ」というIT環境の3つの大きなパラダイムシフトによって変化したセキュリティを取り巻く現状を整理するとともに、高度化するサイバー攻撃の実態を説明。そして、既存のセキュリティアプローチの問題点を指摘し、そうした状況下で有効な「100万のイベントから重要な1事象を発見する」“相関”を活用したセキュリティ対策方法を解説していこう。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -