レビュー
» 2014年09月10日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ゆるキャラが解説!!マンガで分かるストレージ仮想化 予測できない性能/容量需要に対応するには?

クラウド、仮想化が一般化した現在、将来の予測できないストレージ需要に柔軟に対応するための有効な手段として注目されている「ストレージの仮想化」。そのメリットと実際にストレージを仮想化する際の注意点を分かりやすく解説する。

[PR/ITmedia, TechTargetジャパン運営事務局,ITmedia]

 既に身近になってきているクラウドや仮想化でも、導入が進むにつれて従来型のストレージでは拡張性に限界が生じている。ある程度の規模でスタートしても、容量が増えてディスクを追加したり、仮想サーバを追加する必要が出てくる。クラウドであれば、サービスの増強と予想できない需要の変化に対応していかなければならない。従来型のストレージでは容量や性能が装置ごとの能力で決まってくるため、ビジネスの拡大に対応できなくなる恐れがある。

 予測できない性能やデータ容量の需要変化に柔軟に対応していくためには「ストレージの仮想化」が有力な解となる。このホワイトペーパーでは、Intel(R)Xeon(R)E5-2620搭載、HP StoreVirtualを採用することにより、ストレージを仮想化することのメリットや、実際にストレージを仮想化する際に直面する課題と解決方法を、分かりやすくマンガで解説する。クラウド、仮想化時代に、スモールスタートでビジネスニーズの変化にタイムリーかつ柔軟に対応できる仕組みを詳しく紹介していこう。

※Intel、インテル、インテルロゴ、Intel Inside、Intel Insideロゴ、Xeon、Xeon Insideは、アメリカ合衆国およびその他の国におけるIntel Corporationの商標です。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -