レビュー
» 2014年10月10日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:データベースとフラッシュストレージの方程式(PCIeフラッシュ、普及への文脈 後編)

PCIeフラッシュをはじめとするフラッシュストレージは、企業のデータベース高速化でも普及しつつある。今回は、各種のフラッシュストレージが、それぞれデータベースの高速化にどう貢献するか、選択や運用において注意すべき点は何かなどを探る。

[PR/ITmedia  ,TechTargetジャパン運営事務局]

 企業IT分野でのフラッシュストレージ(半導体ストレージ)利用は、現実に進展しつつある。まず進んでいるのがデータベースのストレージとしての利用だ。そこで今回は、データベース高速化とフラッシュストレージの関係を探る。

 「PCIeフラッシュ普及の文脈 後編」というタイトルをつけているが、企業ITにおける利用ではPCIe接続かどうかが利用を決定づける要素ではない。このため、今回はPCIeフラッシュに加え、従来型ストレージにHDDではなくSSDを搭載したもの、フラッシュ用に開発された外付けストレージ装置(「オールフラッシュストレージ」)、の3種のそれぞれの特徴を踏まえながら、これらがデータベース高速化にどう役立つかを考える。

 より具体的には、パフォーマンス、容量、運用性の3点から、一般的な企業におけるデータベースの高速化のための、フラッシュストレージ利用について探る。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -