レビュー
» 2014年11月04日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:SSL暗号の技術解説! 鍵交換のメカニズムが確立する安全な通信

httpsから始まるアドレスで安全な通信を確立するSSL。通常のhttp接続に暗号化特有のプロセスが加わるが、その仕組みはどのようになっているのだろうか?

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 SSLはインターネット通信の安全を確保する方法として広く普及している。主要なウェブサーバとウェブブラウザは標準的にSSLに対応しており、ログイン情報やクレジットカードなどの重要な情報を入力するウェブサービスに採用されている対策である。

 ウェブブラウザではロックされた錠前アイコンとHTTPSで始まるURLの表示によってSSL暗号化されていることを確認できるが、通信データがどのような仕組みや工程を経て暗号化されるのか、ということまではなかなか知られていない。

プライバシーや企業の重要な情報を暗号保護して安全性を高めながら、サイトのパフォーマンス向上を考えるのであれば、SSLの特性である鍵交換の仕組み「SSLネゴシエーション」を理解しておくことは非常に役立つだろう。

 本ホワイトペーパーでは、はじめにSSLの概要と利用によるメリットを挙げた後で、通信を確立するための鍵交換の工程「ネゴシエーション(ハンドシェイクと呼ばれることもある)」について解説している。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ