レビュー
» 2014年11月06日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:Excel依存、ITエキスパート不足。「売れ筋商品」を伸ばす分析手法の改善策とは?

変化する消費者の購買行動からチャンスを導き出すには、従来のExcel やAccess依存ではもう限界。ITエキスパートがいない同社の分析手法改善策を解説。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 イオングループの一員として中京地方における“地域密着型”のスーパーマーケット事業を展開しているマックスバリュ中京株式会社。

 「売れ筋商品」の強化を経営方針の軸とし、店舗運営を展開してきた同社だが、従来のExcel やAccessに依存した分析手法ではデータ抽出や加工に時間がかかり、肝心の売上分析に時間が割けないため、意思決定の精度低下という課題を抱えていた。

 そこで同社は、分析の効率化とレポート精度の向上を目的にBIツールの導入を決断。社内にITエキスパートがいないため、難しい仕組みを定着させてはいけないと考えた同社の商品分析手法の改善策とは?

※加えて、ホワイトペーパー「小売環境の最新動向への対応〜ビッグデータのリアルタイム分析による競争優位性の実現」もご覧いただけます。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -