ニュース
» 2014年11月12日 17時37分 UPDATE

中規模企業にも次世代ファイアウォール、フォーティネットが新モデル

中規模企業にも次世代ファイアウォール、フォーティネットが新モデル

[ITmedia]

 フォーティネットジャパンは11月12日、中規模企業向けの次世代ファイアウォール新製品「FortiGate-300D」「FortiGate-500D」を発売した。官公庁や地方自治体、教育、医療などの組織ネットワークにも適したモデルという。

 次世代ファイアウォールは、従来のように通信ポート単位でのセキュリティ対策に加えて、通信内容の詳細な解析やアプリケーション単位での制御といったセキュリティ機能を搭載する。一般的にはこうした機能を複数有効にしていると通信速度の低下(セキュリティ検査などの処理に伴う負荷)などが起きてしまう場合があるものの、同社では独自開発のハードウェアチップを利用することで、通信速度の低下を回避している。

forti01.jpg FortiGate-300D

 2モデルの主な機能、性能は以下の通り。

製品名 FortiGate-300D FortiGate-500D
ファイアウォールスループット 8Gbps 16Gbps
IPS スループット 2.8Gbps 4.7Gbps
レイテンシ 3マイクロ秒 3マイクロ秒
同時セッション(TCP) 600万 600万
登録エンドポイントのサポート数 600 2000

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -