レビュー
» 2014年11月18日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:医療システム連携の“スパゲティ化”はどう解消できる? 名古屋市立大学病院に聞く

医療の世界におけるIT利活用の進展を阻む最も高いハードルが、システム連携の困難さだ。名古屋市立大学病院では、この困難な課題をどう解決したのか? 同院担当者に聞いた。

[PR/ITmedia  ,TechTargetジャパン運営事務局]

 医療ITの高度化が叫ばれるようになって久しいが、実際には多くの医療機関で高度なIT活用が進んでいないのが現状だ。その理由の最たるものが「システム連携の困難さ」である。病院内の各部門で個別に導入したシステムが独自の発展を遂げていった結果、いざこれらを統合して院内で診療情報や診療プロセスを一元化しようと思っても、システム連携の開発/保守に掛かるコストや手間が膨大になってしまうのだ。

 そこで現在、医療ITの世界で活用が進みつつあるのが、院内の各部門システムを効率的に連携させるための基盤技術だ。日本国内でもその動きは急速に浸透しており、院内システム統合や地域医療連携を実現する例が増えてきている。本資料では、中でも先進的な取り組みを進める名古屋市立大学病院の院内システム統合の事例について、担当者のインタビューを基に詳しく紹介する。システム連携に課題を抱える全ての医療機関にとって参考になるはずだ。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ