ニュース
» 2014年11月19日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:「地域医療再生」は被災地から――岩手県の改善策をひも解く

震災前から慢性的な医師不足が指摘されていた東北地方では、地域医療の課題が顕在化した。復興ともに医療課題の改善を目指す岩手県の取り組みを紹介する。

[TechTargetジャパン運営事務局]

 東日本大震災の発生から3年が経過し、被災地はさまざまな分野で継続的に復興に取り組んでいる。震災前から慢性的な医師不足が指摘されていた東北地方は、沿岸部の多くの医療機関が被災したことで地域医療の課題が顕在化した。

 そうした中、岩手県は2014年2月15日、「地域医療再生シンポジウム 〜岩手の今、日本の明日〜」を東京都内で開催。岩手県の達増拓也知事と地域医療の専門家が講演やパネルディスカッションを行った。本稿では、その内容を紹介する。

 TechTargetジャパンの関連記事を再編集した本資料では、内部犯行に関する企業への調査結果を紹介。その上で、専門家へのインタビューを通じ、内部犯行防止に有効とされる「特権ID管理」が企業に浸透していない理由を明らかにしている。内部犯行対策を強化したいと考える企業の参考になるはずだ。


ホワイトペーパーダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ