ニュース
» 2014年12月11日 21時01分 UPDATE

アライドら5社、「オフィス環境向けSDNソリューション」で連携 (1/2)

アライドテレシスがオフィス環境向けのSDNソリューションを発表。データセンターやクラウド分野で採用が進むSDNを、人事系やIT資産システムなど企業内ITの効率化を目指すための新たな方向性を打ち出した。トレンドマイクロらパートナー4社と連携して取り組む。

[岩城俊介,ITmedia]

「オフィス環境をSDN化」──アライドら5社が連携したSDNソリューション

photo アライドテレシス取締役の川北潤氏

 アライドテレシスは12月11日、新たなSDNソリューション「Secure Enterprise SDN Solution」を発表した。

 「複雑化したネットワーク管理工数の増大に対する対策」と「アクセス速度や手段の高度化にともなうセキュリティレベルの維持」。大きな2つの課題を解決すべく、ソフトウェアで複数にまたがるネットワークを集中制御するIT技術「SDN(Software-Defined Networking)」の導入がデータセンターやクラウド分野を中心に進んでいる。

 このSDNの概念や仕組みをもっと身近な位置まで、業務部門の実務レベルまで広げられないか──Secure Enterprise SDN Solutionは、人事ワークフロー、就業管理、給与計算システム、IT資産管理、セキュリティポリシーの制御、セキュリティ脅威の検知機能などと連携、連動させる「オフィス環境向け」のSDNソリューションに仕立てた。


photo 同社の製品ラインアップは増えているが、無線化とクラウド化が進んだことで真ん中の空洞化が進んでいた。培ったSDN/OpenFlow技術を「オフィス環境市場へ適用」するのが狙いという

 アライドテレシスは、2013年9月にストラトスフィアと技術協力を行い、SDNソリューション「OmniSphere」対応のネットワークデバイス、無線LANアクセスポイント「AT-TQ3600」、10G対応エッジスイッチ「AT-x510-28GTX」を開発。SDNソリューション化に向けた実証を重ねてきた。今回のSecure Enterprise SDN Solutionは、これを具体的にオフィス環境向けの統合型SDNソリューションとして発展させる考えのもの。

  • ネットワーク機器:アライドテレシス
  • SDNプラットフォーム(OmniSphere):ストラトスフィア
  • 情報セキュリティ関連(Deep Discovery Inspector):トレンドマイクロ
  • 人事クラウド/BPO(Lacrasio):ラクラス
  • IT資産管理ツール(ISM CloudOne):クオリティソフト

 各分野それぞれのソリューションを連携させ、エコシステムを築く。

photo サービス概念図
photo システム概要
photo ユーザーメリット
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -