レビュー
» 2014年12月16日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:データアクセス時間を短縮せよ 実機検証結果で選んだWAN高速化製品の実力

全国約180店舗のフラワーショップを運営する日比谷花壇では、データセンターに集約したファイルサーバのデータアクセスに遅延が発生するという課題を抱えていた。複数製品を比較した結果、同社が選んだWAN高速化ソリューションの導入効果を見ていこう。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 オンラインショッピングサービス「hibiyakadan.com」をはじめ、全国約180店舗のフラワーショップを展開するなどフラワー業界のリーディングカンパニーとして知られる日比谷花壇。同社では全国の拠点に設置していたファイルサーバをデータセンターに移設したが、業務の拡大に伴いデータアクセスに遅延が発生するという課題がクローズアップされてきた。

 同社はこの課題を解決するために、ネットワークの帯域改善を可能とする複数製品を比較検討。実機による検証の結果、明らかな効果を示したWAN高速化アプライアンス製品を導入した。これにより「最大90%以上のデータ削減」や「ユーザー体感速度の劇的な改善」といった効果を得られたという。

 「ファールサーバのファイルがすぐに開かないから何とかしてほしい」といった声がビジネス部門から寄せられ、苦心しているIT部門は少なくないだろう。しかし、データの増加に合わせて単に回線増速を図るだけではイタチごっこになるだけで根本的な解決にはならない。「現状の回線を有効利用しながらネットワークの改善を図りたい」といった企業のIT部門にぜひ読んでほしい事例だ。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -