レビュー
» 2014年12月17日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:従業員4万6000人が使う「Office 365」を最大52倍高速化できたわけ

世界最大のボールベアリング製造企業のSKFでは、世界4万6000人の従業員が使う「Office 365」のパフォーマンスを最大52倍も高速化しているという。「パフォーマンスが予測できない」「安全性が不透明」「データ転送が遅い」といったクラウド活用の課題を解決する方法とは。

[PR/ITmedia  ,TechTargetジャパン運営事務局]

 「Office 365」や「Salesforce CRM」といったパブリッククラウドを大企業が活用する上で最大の課題となるのが、パフォーマンスだろう。これまでLAN内で扱っていたアプリケーションやデータをクラウドに移行した途端、パフォーマンスが数十分の1に低下するケースも珍しくない。

 しかし、世界最大のボールベアリング製造企業のSKFでは、世界4万6000人の従業員が使うOffice 365に移行した当初、想像通りパフォーマンスの低下に悩んでいたが、リバーベッドのソリューションの導入により最大で52倍もの高速化に成功。LANと遜色ないパフォーマンスで活用できているという。

 このホワイトペーパーでは、クラウド活用を阻む障壁である「パフォーマンスが予測できない」「安全性が不透明」「データ転送が遅い」といった課題を解決する方法を、上記事例を交えて詳しく解説。クラウド/仮想環境に対応したWAN高速化アプライアンスの導入効果を紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -