レビュー
» 2014年12月18日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:VDIを快適に IT統合の障壁となる「WANの課題」を解決するには?

仮想化技術の発展によりデータセンターへのIT統合が活発化しているが、ITを完全にセンターへ統合できないケースは多い。IT統合の要となるVDI(デスクトップ仮想化インフラ)の課題をまとめるとともに、それを解決するWAN最適化ソリューションの導入効果を解説する。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 コストの削減やリスクの軽減を求めて、「IT資産をデータセンターに集約し、統合的にコントロールしたい」というニーズが増えている。実際、仮想化技術の発展により、サーバやアプリケーションをデータセンターにまとめる動きが活発になっているが、ITを完全にセンターへ統合できないケースは多い。なぜなら、アプリケーションのパフォーマンスが悪化したり、WAN回線が切断されても継続が必要なオペレーションもあるためだ。結果として、拠点側にもデータやサーバ、アプリケーションを置くことになり、ハードウェアや管理ツールのコスト、また管理者の出張費などが増加してしまう。

 完全なセンター統合を進めるに当たって有効な選択肢となるのが、「VDI(Virtual Desktop Infrastructure)」の採用だ。デスクトップ環境と同時にデータもセンター側へ集約できる。ただし、VDIはアプリケーション以上にWAN回線の影響を受けやすい仕組みだ。必要なシステムを把握して、適切な最適化を図らなければ元も子もない。そこでおすすめするのが、WAN最適化ソリューションの採用である。このホワイトペーパーではVDIの課題を1つひとつ解決しながら、WAN最適化ソリューションの導入効果を事例を交えて解説していこう。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -