ニュース
» 2014年12月24日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:医療情報学のスペシャリストが語る、未来の医療ITを支える4つの技術

ガートナージャパンが2014年4月に開催したイベントでは、医療ITを推進するキーパーソンである宮本正喜氏が、今後の医療ITを支える4つの技術を例に医療情報システムの将来像を語った。

[ITmedia]

 ガートナージャパンが2014年4月23〜25日に開催した「ITインフラストラクチャ&データセンター サミット 2014」。4月24日のゲスト基調講演には、医療情報学に詳しい兵庫医科大学の宮本正喜 主任教授が登壇した。

 「医療における過去、現在、未来の夢」と題したこの講演では、宮本氏は未来への挑戦として「クラウド」「ビッグデータ」「ユビキタス」「ロボティック医療」の4テーマに関する最新動向や今後の期待などを語った。本稿では、宮本氏がこれまで取り組んできた医療情報システムの開発、医療ITの将来像などに関する講演内容を紹介する。


ホワイトペーパーダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -