レビュー
» 2015年01月05日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:【検証済】システム展開コストを40%削減する、新しいITインフラの要件

スピード経営やグローバル競争の激化によって、企業のITシステムは変革を迫られている。そのためには、ITシステムの導入・運用を自動化し、サービス展開までの時間とコストを削減することが求められる。資料では、具体的な解決方法とその導入効果を示す。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 グローバル対応やスピード経営など、企業を取り巻く経営環境が変化している。同時に、事業継続、情報漏えい対策をはじめ、企業に課される社会的要請も強まる一方だ。こうした外的要因は、IT環境にも影響を及ぼす。これまでのITシステムは、事業を営む上での補助的な役割で良かったが、今後はビジネスを発展させる武器として、一層の活躍が期待される。

 具体的に、既存ITシステムにはどのような課題があるのか。開発スピード、運用効率・コストがその例だ。事業部門がITを用いて新たなビジネスへ挑戦しようとしても、それを実践するIT部門は既存システムの管理に追われ、すぐに要求に応えることができない。また、既存ビジネスを拡張するため、早急にシステム改修が必要な場合も、ITシステムの自動化・効率化が進んでいなければ、サービス提供までに多くの時間とプロセスを要する。必要なタイミングでシステムを提供できないことによって、同業他社に先を越されたり、顧客の信頼を得られないなど、機会損失や企業価値の低下を招く恐れがある。

 こうした課題を解決するために、ITシステムに必要な要件とは何か。そして、その要件を実現する技術とは? 当然ながら、新しい技術を導入して、従来よりもTCO(総保有コスト)が高まっては意味がない。資料では、ITシステムに求められる要件、それを満たすための技術を示すとともに、新しい技術を導入した場合の初期導入コスト・時間およびサービス展開までのコスト・時間をシミュレーションしている。例えば、サービス展開コストに当たっては、従来比で40%も削減できることが分かった。詳細は資料をご覧いただき、ぜひともあなたの企業のIT変革に役立てていただきたい。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ