レビュー
» 2015年01月22日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:多様化するサイバー攻撃──コンプライアンス確立・維持に必要な3本の柱とは?

サイバー攻撃の手法が多様化する中、企業のコンプライアンス確立と維持に欠かせな い対策とは何か。最新のサイバー攻撃手法とその対策方法を解説する。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 SNS経由や組織ぐるみの犯行などサイバー攻撃の手法が多様化する中、企業のコンプライアンス確立と維持には、共有、継続、予防の3本の柱が必要となる。例えば、Web改ざん防止策として、自動修復機能装備だけでは十分とはいえない。まず、問題があったことを共有し、修復を依頼、承認するというプロセスを継続して実施し、侵入の手掛かりとなるシステムの変更レベルまで検知して対応していく予防が欠かせない。

 このコンテンツは、2013年12月に行われたITmediaエンタープライズソリューションセミナーを収録。最新のサイバー攻撃手法と、求められるコンプライアンスのあり方について解説する。また、同社のセキュリティソリューションを用いた対策についてデモを交えて紹介しており、監視対策の重要性と対策ポイントが理解できる。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -