ニュース
» 2015年02月02日 15時23分 UPDATE

クラウド環境に対応したDB管理の「Actian PSQL」、エージーテックが発売

アプリケーション開発の中核システムとして採用の多い「Actian PSQL」の最新版を発売した。

[ITmedia]

 エージーテックは2月2日、米Actianが開発するデータベース(DB)管理ソフトウェアの最新版「Actian PSQL v12(日本語版)」を発売した。プライベートやパブリック、ハイブリッドのクラウド環境への対応が強化されている。

 Actian PSQLは、SQLおよびNoSQLに対応し、高速処理や下位互換性などが特徴のDB管理製品。パッケージソフトなどのアプリケーションに組み込まれるデータベースシステムとして数多くの採用実績があるという。

 最新版では全てのエディションがライブマイグレーションを含む仮想化環境に対応し、PSQL Vx Serverではプライベートクラウドでの利用に合わせてインターネットに常時接続しなくても利用できる。製品の認証にマシン名のみを利用するライセンスとしたことで、ハードウェアの構成変更も自由に行える。また、SQL系のインタフェースではUnicodeに対応し、多言語環境でもPSQLを活用できるようになった。

 製品の税別価格は、Actian PSQL v12 Sever 10ユーザー版が23万7000円、同50ユーザーが91万2000円、PSQL Vx Server Supersize(制限なし)が171万6000円などとなっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -