レビュー
» 2015年02月09日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:学習塾のデジタル採点システム導入、成功の鍵はスキャナ選択にあり

デジタル採点システムの安定運用には、適したドキュメントスキャナの選択が欠かせない。愛知県の大手学習塾の導入事例からスキャナ選定のポイントを探る。

[PR/ITmedia  ,TechTargetジャパン運営事務局]

 愛知県下で61校舎、1万人を超える塾生が学ぶ大手学習塾、野田塾は、2013年にデジタル採点システムを導入した。同塾に導入された採点システムは答案用紙をスキャンして解答枠の位置を登録し、PC画面上で採点を行えば点数が自動集計される仕組みだ。このシステムの安定運用を左右するのはスキャナの性能だ。当初は既存の複合機流用も検討したが、鉛筆書きの解答をくっきりと画面上に表示させるには、単純な「濃い」「薄い」の設定だけでは難しい。また、紙送りの際に発生した傾きにより、解答枠の位置を正しく解析できないなどの問題が発生したという。

 これら課題を解決したのがコダックのドキュメントスキャナ「Kodak i2400」だ。文字の黒と紙の白とのしきい値とコントラストを認識して調整し、文字をクリアに表示、自動傾き修正機能も搭載する。全校導入が可能なコストパフォーマンスの高さも魅力だったという。

 本項では、テスト実施から結果表示のスピードアップに貢献したデジタル採点システムを支えるドキュメントスキャナ選定と導入までを、関係者のインタビューからたどる。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ