ニュース
» 2015年02月10日 11時38分 UPDATE

シマンテック、常務の関屋剛氏が法人セキュリティ事業のトップに

エンタープライズセキュリティ事業責任者として常務執行役員の関屋剛氏が就任した。

[ITmedia]
symantec01.jpg 関屋剛氏

 シマンテックは2月10日、常務執行役員の関屋剛氏が代表取締役に就任したことを発表した。同社のエンタープライズセキュリティ事業責任者として事業戦略の立案と実施を担うとしている。

 関谷氏は1962年生まれの52歳。三谷産業や日本オラクルを経て、2012年にシマンテック入社。常務執行役員としてコマーシャルビジネスを統括し、中堅・中小企業市場に特化したチャネルパートナーシップの推進と管理を担当していた。

 社長就任について関谷氏は、「お客様が直面する脅威はますます巧妙かつ複雑になってきている。日本におけるシマンテックのエンタープライズセキュリティビジネスを強化し率いていけること、そして、有能な従業員や、世界水準の製品、強力なパートナーネットワークを生かし、当社の成功に貢献できることを大変喜ばしく思っている」とコメントしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ