レビュー
» 2015年02月16日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:九州大学の「全学生PC必携化」を実現した、BYODセキュリティ対策とは?

「全学生PC必携化」へ移行した九州大学では、どのように学生のセキュアなBYODを実現しているのか。全学共通ファイアウォールに選ばれた次世代ファイアウォール製品の導入効果を見ていこう。

[PR/ITmedia  ,TechTargetジャパン運営事務局]

 国立の総合大学として国内で初めて2013年度の新入生から個人所有のPC必携化に移行した九州大学。同大学の情報統括本部では発足以来、学生・職員のICT利用基盤となるネットワークや全学共通認証基盤(SSO-KID)をはじめ、電子メール環境、教育情報システム、各種ホスティングサービスなどの整備・運用に取り組んできた。

 「学生PC必携化」に伴う新たなセキュリティポリシーへの移行により、全学ファイアウォールなどのセキュリティ管理装置の導入は必須だった。また、当然高まるセキュリティリスク、特にファイル交換ソフトの利用など、課題は多い。

 この資料では、九州大学の情報統括本部がこれらの課題を解決した経緯を担当者に聞く。キャンパス全域に十分な帯域を確保した無線LANの配備、BYODに対応したセキュリティ強化を実現した次世代ファイアウォールとは何だったのか。詳しく見ていこう。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ