ニュース
» 2015年02月17日 14時45分 UPDATE

クライアント仮想化、投資に対する効果が4倍以上に――IDC調査

IDC Japanの調査から、クライアント仮想化製品は投資に対して4倍以上の効果が得られることが分かった。投資回収期間も短縮傾向にあるという。

[ITmedia]
Photo

 クライアント仮想化製品は、投資に対して4倍以上の効果が得られ、1年未満で投資コストが回収できる――。IT専門調査会社IDC Japanの調査から、こんな傾向が明らかになった。クライアント仮想化製品の全体におけるROIは439.4%、投資回収期間は10.2カ月となった。

 IDCでは、2011年から継続的にクライアント仮想化製品のROI分析を実施しており、以前の調査結果と比較すると、毎年、企業においてクライアント仮想化の活用が進み、ROIの値はより大きくなり、投資回収期間はより短くなっているという。

 調査によると、エンドユーザー1人当たりの1年分のベネフィットは75万9172円となった。また、1人当たりの初期投資額は21万8267円、毎年かかる保守運用費用は4万9859円となった。

 今回の調査対象企業の中で、クライアント仮想化製品を使用している従業員の割合は36.4%。エンドユーザーの1日当たりの平均使用時間は約3.35時間(1日8時間勤務と想定)。またクライアント仮想化製品の導入によって、エンドユーザー、IT管理者およびITスタッフ、企業全体でそれぞれ31.7%、32.8%、36.4%の生産性向上などの便益増加が見られた。

関連キーワード

デスクトップ仮想化 | IDC | 調査


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ