レビュー
» 2015年02月19日 15時00分 公開

ホワイトペーパー:国家レベルの攻撃から天然ガス・インフラを守るセキュリティ戦略のポイント

米国の大手ガス生産・配送会社、Williams Energyのセキュリティ対策は、インフラを守ることだ。国家レベルの攻撃の標的となる同社のセキュリティ戦略とは。

[PR/ITmedia  ,TechTargetジャパン運営事務局]

 米国の天然ガス生産・配送会社、Williams Energy。同社のセキュリティ対策の最重要課題は、多くのIT企業とは異なり、重要なインフラを守ることだという。また、近年はインフラを誰から守るかも様変わりし、国家による攻撃を含む実力行使の標的となる可能性に備えなければならない。

 本コンテンツでは、IBM Securityバイス・プレジデントがWilliams EnergyのIT管理責任者に、同社のセキュリティ戦略について話を聞く。マルウェア「スタックスネット」の亜種が同社のシステムで見つかったことが転機となり、政府規制の必要性が持ち上がった。企業全体の意識を一定レベルに引き上げる功績はあったが、規制で本当に問題を解決できるのか。業界全般で不足しているセキュリティ人材の育成についても語る。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -