レビュー
» 2015年02月27日 15時00分 公開

ホワイトペーパー:6分で分かる ビッグデータの「3つのV」に対応するための技術要件

ビッグデータの活用を効率的に行うためには、データに関する「3つのV」、Volume(量)、Velocity(速度)、Variety(多様性)への対応が重要だ。3つのVに対応し、ビッグデータ活用を実現するためにIT基盤に求められる技術要件を解説する。

[PR/ITmedia  ,TechTargetジャパン運営事務局]

 ビッグデータの活用を効率的に行うためには、データに関する3つのV、Volume(量)、Velocity(速度)、Variety(多様性)への対応が重要になってくる。

 Volume(量)に対応するには、並列実行技術となるMap/Reduceやジョブスケジューリング(配布、管理)、また問い合わせを分散して処理するための分散パラレルクエリ、さらに非常に大きなスケーラビリティ(Massive Scalability)への対応も求められる。

 また、Velocity(速度)に対応するには、高速にデータを格納する機能、アクティブかつリアルタイムに物事を分析していく仕組みが重要だ。

 そしてVariety(多様性)に対応するには、構造化データに新たに加わるMSMデータや各種ログデータへの対応に加え、SNSや各種ドキュメントといった非構造データへの対応が重要になる。

 このコンテンツでは、これら3つのVに対応しビッグデータ活用を実現するための技術要件をまとめるとともに、それらを満たすインターシステムズ社のビッグデータ統合プラットフォームと、その導入効果を解説する。インメモリ処理やインデータベース処理、NLP(Natural Language Processing)といった技術がなぜ必要になるのか。詳しく見ていこう。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -