ニュース
» 2015年02月27日 09時49分 UPDATE

Google、Androidアプリストアでの検索広告表示のテスト開始

GoogleがAndroidアプリストア「Google Play」の検索結果のトップに広告アプリを表示するテストを開始した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは2月26日(現地時間)、同社の公式アプリストア「Google Play」にアプリの検索広告を掲載するテストを開始したと発表した。一部のユーザーの検索結果に、一部の開発者の広告が表示される。

 例えば「クーポンアプリ」や「旅行アプリ」などと検索すると、検索結果のトップに広告が表示される。広告であることは、Google検索の検索広告と同様に、小さな黄色いマークが表示されることで識別できる。

 add クーポンアプリ、旅行アプリの検索結果。トップのアプリには黄色い「Ad」マークがついている

 このテストでのフィードバックを基に、提供範囲を拡大していく計画だ。

 Googleの主な収入源はGoogle検索の広告だが、モバイルへのシフトなどの影響でここ数四半期売り上げの伸びが鈍化している。2014年だけで10億台以上を出荷したAndroid端末で利用されるGoogle Playでの検索広告は、同社の大きな収入源になりそうだ。

 同社はまた、過去1年間のアプリストアでの開発者の収益が70億ドル(約8400億円)以上だったと発表した。Google Playでの売り上げの開発者の取り分は7割なので、Google Playの売上高は約100億ドルだったということになる。

 一方、米Appleは1月に、同社の公式アプリストア「App Store」での2014年通年の売上高は150億ドルで、開発者のアプリストアからの収益(アプリ内販売を含む)は100億ドルだったと発表している。

 2014年通年の端末出荷台数(スマートフォン)では、Android端末が10億台の大台を超えたのに対し、iPhoneは1億9270万台だった(Strategy Analytics調べ)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -