レビュー
» 2015年03月09日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ビジネス要件を満たすアプリケーション開発に必要な7つのポイント

ビジネス要件の欠如したアプリケーションは意味を成さない。アジャイル開発であれウォーターフォール型であれ、現在の開発ライフサイクルでビジネス要件をしっかりとキャプチャーするためのベストプラクティスを示そう。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 ビジネス要件を満たすアプリケーションを構築する上での最大の障壁の1つは、明確に定義されたビジネス要件をキャプチャーする能力が欠如していることである。

 特定の個人やグループが他のユーザーのニーズに対応するために要件を定義するとき、その過程で一部の情報が欠落すると、開発ライフサイクルの初期でアプリケーションに不具合が組み込まれてしまい、不具合が発見されたころには修正コストが高くなってしまう。そして、クラウドやモバイル、複合アプリケーションは、要件プロセスをさらに複雑化させる。

 また、現在採用が広がっているアジャイル開発手法では、プロジェクトの進捗過程で利害関係者からのフィードバックに基づいて要件を変更・調整していく。従って、このような変更や調整はリアルタイムで追跡してチームメンバー全員に伝達しなければならない。

 これらの課題を抱えた状況で、IT部門が確実に要件に合致したアプリケーションを提供していくにはどうしたらよいだろうか。このホワイトペーパーでは、企業全体とプロジェクトの両レベルで、明確に定義されたアプリケーション要件をキャプチャーし管理するための7つのベストプラクティスを説明する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -