ニュース
» 2015年03月09日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:Computer Weekly日本語版 :Windows 10で試されるIT部門

巻頭特集は、脆弱性を報告しても対応しない場合の、情報公開の是非について。また、Windows 10でOS戦略を転換したMicrosoftだが、岐路に立たされているのは果たして誰なのか? 他にスマートウオッチアプリ開発者の現状、Docker管理ツール「Kubernetes」解説をお届けする。

[TechTargetジャパン運営事務局]
ge_cw16237.jpg

 Computer Weekly日本語版 3月4日号は、以下の記事で構成されています。

■脆弱性を17カ月放置した企業を正すには“晒しあげ”しかないのか?

 GoogleによるWindows 8.1の脆弱性情報公開で注目される、情報公開の是非。だが、脆弱性を17カ月も放置した企業を動かすには、この方法しかなかったのかもしれない。

■「Windows as a Service」へ大転換のWindows 10がIT部門に突きつける問題

 Microsoftの戦略変更で話題騒然のWindows 10。MicrosoftおよびWindowsにとっての岐路になるとみられているが、Windows 10の登場で本当に変革を求められているのは?

■バッチ処理時間が8分の1に短縮しただけではない、ハイブリッドフラッシュの利点

 マネージドサービスプロバイダーのAmatisは、8時間もかかるバッチ処理のためにさまざまな問題を抱えていた。

■開発者が語るスマートウオッチアプリ開発の悩み

 スマートウオッチ向けアプリを開発中のザムフィレスク氏。その実体験を通して得たスマートウオッチ向けアプリ開発の課題、市場の展望などを聞いた。

■GoogleのDocker管理ツール「Kubernetes」基礎の基礎

 Dockerの普及と共にさまざまなツールが登場しているが、中でもGoogleのKubernetesに注目が集まっている。Kubernetesとは何か?


ダウンロードページに進む

Kindle版のダウンロードページに進む

EPUB版のダウンロードページに進む

Computer Weeklyは、IT戦略やセキュリティ、モバイルコンピューティング、ITアウトソーシングなどの各種分析、事例、インタビュー記事を週刊で配信している1966年にイギリスで創刊されたITプロフェッショナルに向けた媒体で、2011年5月より、米国TechTarget社がデジタルマガジンとして発行しています。


TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ