ニュース
» 2015年03月10日 10時14分 UPDATE

安全で環境に優しい次世代自動車を――富士通といすゞが共同研究で合意

富士通といすゞが、次世代自動車システムの共同研究について合意。エネルギーシフトへの対応、運行安全性の向上、ドライバー負荷低減に関する研究を共同で行う。

[ITmedia]
Photo

 富士通といすゞは3月9日、次世代自動車システムの共同研究について合意した。いすゞが展開する商用車の安全・快適・環境分野において技術の共同研究を行うもので、具体的には、エネルギーシフトへの対応、運行安全性の向上、ドライバー負荷低減に関する共同研究になる。両社の強みを生かした商用車向けシステムを開発し、将来車に採用していく。

 両社はこれまでも、1990年に両社の合弁会社を設立し、各種の電子制御コントローラーやテレマティクス車載機などを開発してきた。今後は、CO2の排出量削減による環境対策や、より安全な運行を可能とする支援対策のニーズにも応えていく。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ