ニュース
» 2015年03月31日 18時29分 UPDATE

100万件超のデータ分析、1カ月で“脱Excel”へ oricon ME、データ分析システム導入で

100万件超のデータ分析、Excelの手作業ではもう限界――。oricon MEが、9部門53ジャンルの製品について提供している顧客満足度ランキングのデータ分析にQlikViewを導入した。

[ITmedia]

 Excelベースの手作業では、もう限界――。クリックテック・ジャパンとソフトバンク・テクノロジーは3月31日、製品・サービスの顧客満足度ランキングを提供するoricon MEが、データ分析プラットフォームQlikViewを導入したことを発表した。

Photo

 oricon MEは、9部門53ジャンルにわたる製品やサービスに関する顧客満足度を調査し、総合ランキングや年代別や地域別などの項目別ランキングを提供している。

 ランキングを作成する過程では、100万件超のデータを集計し、さまざまな分析を行う必要があるが、膨大な量のランキング集計をExcelベースの手作業で行う現状に限界を感じたことから、データ集計システム導入の検討を開始した。

 QlikViewは、クリックテック・ジャパンが提供するデータ分析プラットフォーム。2014年3月からデータ集計システムの導入を検討していたoricon MEは、コスト面や開発の容易さ、短期間での導入が可能なことからQlikViewの採用を決めたという。

Photo

 導入作業においては、ソフトバンク・テクノロジーがリサーチ系の実務経験を持つ担当者をアサインし、運用イメージを都度すり合わせながら開発を進めるアジャイル型で構築した。その結果、約1カ月というスピード導入が実現した。

 oricon MEは、QlikViewの分析軸を自由に設定できる柔軟性や迅速性を生かし、「オリコン日本顧客満足度ランキング」のデータ集計や分析業務の効率化に加えて、別事業や管理部門への横展開など幅広く利用していく予定だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -