ニュース
» 2015年04月08日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:今どきPCは2年で買い替えが当たり前? 失敗しない企業向けPCの選び方

PCの買い替えサイクルは従来「3〜4年」が一般的だった。だが近年では「2年ごとの買い替えが妥当」とする意見もある。また、業務の生産性にも直結する企業向けPCの選び方は実はあまり知られていない。

[TechTargetジャパン運営事務局]

 PCはこれまで「3〜4年」ごとの買い替えが一般的だった。だが、ビジネススピードの加速やワークスタイルの変革などに伴い、ITを取り巻く環境は大きく変化している。そうした中、果たして従来型の買い替えサイクルが得策といえるのだろうか。近年では、「2年ごとの買い替えが妥当」とする意見もある。その根拠と効果について考察する。

 また、ビジネス用PCと一般用PCの違いをご存じだろうか。製品自体の違いはもちろんのことだが、選び方にも違いがあるのである。ビジネス用PCの選び方は、業務の生産性に直結するにもかかわらず、実はあまり知られていないのが現状だ。

 本資料では、PCの買い替えサイクルについてあらためて考えるとともに、失敗しないビジネス用PCの選び方について分かりやすく説明する。

ホワイトペーパーダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ