レビュー
» 2015年04月14日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:Oracleデータベース仮想化を決断できない、その課題対策

Oracleデータベースの仮想環境への移行によって、ライセンス数削減による「コスト削減」、データベースの「高可用性」、複数データベースを統合させ「最適なパフォーマンス」を実現するためには、仮想化ソフトを動作させる仮想化基盤の選定が重要だ。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 Oracleデータベースサーバ導入における最大の支出はライセンスコストだ。また、社内にある多くのサーバは使用率が低く、必要以上にコストが掛かる。これらの問題は、Oracleデータベースの統合と仮想化により解決する。だが、I/O負荷や実際のパフォーマンス、サポートに不安があり、仮想化導入に至らないケースも多く見られるのが現状だ。

 本資料では、その打開策として、仮想基盤向け垂直統合型インフラの採用を提案する。Cisco UCSサーバとNexusスイッチ、NetAppストレージで構成され、事前に検証/サイジング済みなので、導入期間の短縮も可能だ。製品間のシームレスな連携により、VMware vSphereを効率的に使用して大きな成果を得ることができる。代表的な効果としては、I/Oスループット75%向上や、バックアップ時間の98%短縮、データの損失ゼロなどが挙げられる。資料では、FlexPod+VMware vSphereの構成例、成功事例を交えながら詳細を紹介する。Oracleデータベースの仮想化によるコスト削減を検討する企業はぜひ目を通していただきたい。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ