レビュー
» 2015年04月17日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:Windows XPサポート終了、次に選ぶべき企業導入PCの要件

Windows XPをまだ使い続けている企業は、マイクロソフトのサポートが終了する前に早急な切り替えが必要だ。特に3年以上経過したPCを利用している場合は、PC本体と合わせての切り替えが望ましい。今選ぶべきビジネスPCとは?

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 Windows XPおよびOffice 2003は2014年4月にマイクロソフトによるサポートライフサイクルが終了となる。セキュリティパッチが更新されないため、セキュリティリスクは急増し、悪意を持った攻撃者は新たな攻撃を仕掛けてくる。プログラムコードを変化させるなど攻撃は高度化し、ウイルス対策ソフトだけではセキュリティパッチの代わりにはならないだろう。また、ウイルス対策ソフト自体のWindows XP/Office 2003対応も今後徐々になくなっていく。

 セキュリティリスクや互換性の問題を回避するために、Windows XP環境の早急な切り替えが必要だ。生産性の向上とサポートコストの低減のために、特に3年以上経過したPCを利用している場合は、PC本体と合わせての切り替えが望ましいだろう。では、一体どのようなPCを次に選べばいいのか。

 この資料では、Windows XP/Office 2003の移行によるPCの切り替えの投資効果を高めるHPの最新ビジネスPCを紹介。XP環境移行で生産性向上とコスト削減効果を最大化する鍵は、土台となるハードウェアの設計・品質・サポート体制、そしてOSの能力を生かす付加価値機能(アプリケーション)が充実していることだ。詳しく資料で見て行こう。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -