ニュース
» 2015年04月20日 19時45分 UPDATE

観光名所に近づくと“スマホが声で”解説 観光にGPS活用、富士ゼロックスから

富士ゼロックスが、GPSを活用したスマホ向け音声観光ガイドサービスを提供。制作ツールの提供も予定している。

[ITmedia]
Photo SkyDesk Media Trekのアプリ画面

 観光名所に近づくと“スマホが声で”解説――。富士ゼロックスがスマートフォン向け観光音声ガイドサービスの提供を開始する。

 GPS(全地球測位システム)と連動した音声ガイド付きコンテンツを個人のスマートフォンで利用するためのクラウドサービス、「SkyDesk Media Trek」を通じて音声ガイドを提供。4月20日以降順次、富士山や白川郷、平泉など、日本国内14カ所の世界文化遺産の音声ガイドを利用できるようになる。

 利用者はスマートフォンで専用のアプリをダウンロードし、アプリ内にある観光ガイドコンテンツ集(ブックストア)から、必要なコンテンツ(ブック)をダウンロードすることで、無償で利用できる。

 この音声ガイドを利用しながら世界遺産に指定された建造物やその周辺を歩いていると、あらかじめ設定されたポイントで自動的にガイドが再生される。音声ガイドと合わせて使うと便利な、散策用マップも用意している。

 富士ゼロックスは、SkyDesk Media Trek向け音声ガイドコンテンツの制作ツールを提供する予定としている。容易な操作で音声ガイドを作成でき、作成したコンテンツはスマートフォンにインストールされたアプリを用いて誰でも利用できるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ