レビュー
» 2015年04月21日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:XPの移行先はWindows 7が圧倒的 移行後に困らない2つのポイント

Windows XPからの移行先として、Windows 7を選択するケースが増えている。TechTargetジャパンが実施した読者調査からも明らかだ。その一方で、OSアップグレードをスムーズに進めるに当たって考慮すべきポイントがある。

[PR/ITmedia  ,TechTargetジャパン運営事務局]

 Windows XPに代わるOSとして、Windows 7に移行する企業が増えている。しかしながら、XPからWindows 7へのアップグレードには通常、新規インストールを行う必要があるなど、移行方法に疑問を抱いている企業も多いのではないだろうか。

 だが、米Microsoftの用意する専用の移行ツールなどを使えば、OS間のデータ移行を効率的に行える。それにより、OS移行の負荷を大幅に軽減することが可能だ。また、移行後にユーザーをフォローする体制を整えておくことも重要だ。

 この資料では、Windows XPからWindows 7へのOS移行に掛かる負荷を軽減し、移行後もスムーズに運用を開始するためのポイントを紹介する。TechTargetジャパンが2013年8月〜9月にかけて実施した読者調査の結果も確認することができる。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -